海外ツアー

TVCMでおなじみの格安航空券と海外ツアーの大手
HIS
海外格安航空券最大手。最近は海外ツアーや格安航空券のオンライン予約が出来るようになったので使いやすくなった。大手旅行会社が真似のできないようないきなり安い値段が突然設定されることが多い。
マッハ・ベストツアーブランドの日本旅行。ヨーロッパツアーが充実。
日本旅行
国別のコンテンツなどが充実している。オンライン予約可能。老舗の旅行会社
高額のマッハとリーズナブルなベストというブランド展開。検索システムが新しくなり使いやすくなった。
雑誌新聞でおなじみのトラピックス
阪急交通社
主に添乗員付きのツアーがメインのサイトだが、航空券のみも取り扱っている。
添乗員付きで料金的に安いツアーが豊富。お土産物屋さん巡りがかなり付いてくるので安くてちょっと品質がという気がしますが、少ない予算で何度も旅行に行きたい人にはお勧め。
エイビーロード格安ツアー&海外航空券の比較横断検索サイト。
エイビーロード
国内最大級の海外パッケージツアーと格安航空券の横断検索サイト。以前は本も出版していたが、現在はこのサイトに特化している。
旅行会社最大手。豊富なラインナップ。
JTB海外ツアー
LOOKJTBで有名な海外ツアー販売最大手。オンラインで予約が出来るようになってから、かなり便利になった。価格的にはHISなどと比べ若干高めだが、特典の提供やツアーの一番品質が安定している。
JTBの海外航空券・ホテル予約の新サイト
トルノス(JTB)
2009年オープンの新サイト。JTBが提供する海外航空券・海外ホテルを同時に高速検索&一括予約。オンライン海外旅行予約サイト
グローバルトラベルオンライン ダイナミックパッケージツアーと呼ばれる利用者が内容を選んで自分で旅行を組み立てる形式のツアーを展開する草分け的存在。飛行機の便や日数などかなり融通が効くため欧米で人気になっているほどの価格の安さには乏しい・・・
格安航空券のアルキカタ・ドット・コム
ガイドブックで有名な地球の歩き方の格安航空券販売サイト。
楽天トラベル 海外航空券と各社のツアーを扱う会社。取り扱うパッケージツアーはYahoo!トラベルと似ており、中小旅行会社の商品が多い。安価な商品が数多くそろっている。
近畿日本ツーリスト 業界第2位。ブランド名はホリデイ。サイト内で空席紹介が出来るのでわかりやすい。また自分の行きたい場所や目的と関連性の高いツアーへの誘導があるのでじっくり選ぶことが出来る。
クラブツーリズム 阪急交通社と同じメディア(新聞など)での広告を主力とした旅行会社。添乗員付きのツアーがメインだが、テーマに沿った趣味の同好会(クラブ)的なツアーも多く展開している。

海外ツアー予約のコツ~オンラインで予約できるか

オンラインで予約が出来るのかどうか?がかなり大きな評価対象だと思います。
どういうことかと申しますと、ただ料金だけを紹介するインターネットサイトは、実はその料金は「見せ玉」で実際にはほとんど数がなく、高い商品に誘導されるということが以前はありました。最近ではオンラインでの予約が当たり前のようになってきており、安心して予約が出来るようになってきています。

インターネットで予約する時のメリットデメリットについて

街中で見かけるパンフレット商品がすべてインターネットで販売されているわけではないことが多いです。逆に間際になってからインターネット限定のバーゲン商品扱いのツアーが発売されたりすることもあるので、お目当ての方面がある時は旅行会社で受け取るパンフレットとインターネットサイトの両方をウォッチしておくとよいかもしれません。

注意すべきこと・・・”旅行の価格

安いツアーはそれなりに何かある場合が多いです。
1、お土産物屋さんに連れまわされ、自由行動が少なかった(あるいは無かった)
2、泊まるホテルが異様に街から遠く、不便だった。
3、食事が貧弱だった・・・
4、旅行会社の経営が苦しい・・・

安い理由はシーズンオフや何かの戦略で飛行機もホテルも安いからその値段になったという場合と料金を切り詰めてホテルのランクを下げて、場所も不便なところにしてやっとその値段にしたというものと2通りあります。
なるべく夜に出歩きたい方は、ホテル指定などのツアーを申し込まれることをお勧めします。

燃油サーチャージのチェック
最近は関係なくなりつつありますが、一見安いように見える航空券も実は燃油サーチャージが別ということも。料金に含まれているのかどうかはよくチェックしましょう。
燃油サーチャージ表 (日本旅行)

パスポートネームには十分注意
航空会社は厳しいです。一文字スペルがミスっているだけで搭乗させてくれません。変更するのもお金がかかったりと結構融通が利かないので、旅行会社に申し込む場合は、特にパスポートに書いたローマ字のスペルを間違えないことに注意しましょう。

割引制度を駆使
JAF会員だったりクレジットカード会社の特別割引を利用するとさらに安くなることがありますので、よく自分の持っているカードをチェックしましょう!

為替レートにも注目
円高になれば現地で使う費用は割安に。国内でブランド品を買うことを思えば、十分元がとれる場合もあります。
為替レートをチェック(地球の歩き方)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です