ヨーロッパで寝台列車旅

イタリア・ミラノ駅からドイツ・ミュンヘン駅まで走る寝台列車ナイトジェットに乗車した際のレポート

 

ミラノ駅に停車するナイトジェット。ここから旅が始まります。

今回の旅は個室寝台を利用

ヨーロッパの寝台列車は、1人占有の料金で申し込むと、料金は高いが一人個室として使える。3人料金で申し込んでおくと、料金は安いがほかの人も乗車してくる可能性がある。

個室のアメニティ。水やせっけん、スリッパ、タオル、スパークリングワインなどがサービスとして提供される。

列車が発車すると、翌日の朝食メニューのリクエストを聞かれる。大体目的地ミュンヘン到着の1.5時間前ぐらいに朝食を持ってきてくれた。

個室のトイレとシャワー。どちらも室内にあります。結構な圧迫感。シャワーはボタンを押すと一定時間、温水が出るタイプのもの。

車窓からの風景。今回乗車したのは少し古いタイプでしたが、最近は新型の寝台列車が走っているとのこと。

朝になると田園風景が広がっていました。

オーストリアを走行中の途中駅。

朝食は、パンとハム・チーズなどオーソドックスなものでした。車掌さんがテーブルをどこかから持ってきてくれて設置してた。

ミュンヘン駅に到着。結構快適だった。

ホームにはバーがあり、朝ビールを堪能。

あまり遅延なく到着して便利だった。一人で個室を予約すると高くつくが、2~3人で予約して乗車すれば、高くなりがちなヨーロッパのホテル代を削減することができる。

夜出発して、朝到着するので効率的に移動ができます。

予約はオーストリア鉄道のホームページから。

英語だけど、頑張って読めば何とかなる程度の内容。毎日何本も走っているわけではないから、出発地・目的地・出発日をしっかりセットすれば乗りたい電車を探すことは簡単。

http://www.oebb.at/en/

http://www.oebb.at/en/

伊豆クレイルは7月16日から週末に運行開始

小田原から伊豆急下田までの間を新しいイベント列車が運行開始します。
毎週土日と祝日に1往復、運行される模様。

「IZU CRAILE(伊豆クレイル)」のコンセプトは、
伊豆の景色を眺めながら「食」と「お酒」、「会話」を楽しむリゾート列車。

エクステリアデザインは桜や海風、さざ波といった、
伊豆ゆかりのモチーフをピンクゴールドのラインで表現し、
インテリアデザインは和モダンをベースに、伊豆の豊かな自然を感じる
心地よい空間を演出しています。
全席グリーン車指定席のゆったりとした車内、大きな窓に面した座席、
お酒や伊豆の地産品を揃えた「のもの」商品を販売する
バーカウンター&ラウンジなど、
エレガントな大人の列車旅をお楽しみいただけます。

あえて’ゆっくり行く’リゾート列車で、記憶に残る旅を、あなたへ。

http://www.jrizu.jp/izucraile/

全車指定席で旅行会社、またはみどりの窓口で購入できる。
また、小田急沿線の場合、小田原まで行って、そこから乗車という事もできる列車です。

九州ふっこう割発売間近

熊本で発生した地震をうけて、九州観光推進機構を中心に旅行会社から旅行商品が割引になる旅行で復興を支援する取り組みが始まります。

http://kyushu-fukkou.jp/

各社の対象期間は大体以下の通りです。
予約対象期間:2016年7月1日(金)-2016年9月30日(金)
国内宿泊対象期間:2016年7月1日(金)-2016年9月30日(金)
国内ツアー対象期間:2016年7月2日(土)-2016年9月30日(金)
9月末の終了時期は一部違いがあるので注意。

HIS:九州ふっこう割 ~大分~
がんばろう大分を中心に展開。

楽天トラベル:2016/7/1(金) 10:00スタート!九州ふっこう割

じゃらん:九州ふっこう割でお得に九州を旅しよう!
熊本大分以外にも九州各県のクーポンが発行される。7/1午前10:10クーポン配布開始。

日本旅行:旅で応援 行こうよ!九州 九州ふっこう割

JR九州ツアーズ:あなたの旅が九州を元気にする。九州ふっこう割

新聞報道によると、JTBも参加予定だったが、個人情報流出の影響で当面参加できない状態の模様。
スポニチ:JTB系サイト当面認めず 国助成の九州割安旅行 情報流出で検証

旅行者の行動を調査する時に便利な無料ツール3選

旅行業界、観光業界の方で、どこにたくさんの人が泊まっているのか、どこの観光地が混んでいるか、どこが人気なのかを知りたくなったとき、それらの疑問に答えを教えてくれる、いくつかの無料で利用可能なツールがあります。

RESAS地域経済分析システム:経済産業省
https://resas.go.jp/

https://resas.go.jp/

観光だけでなく、人口は産業についても調べることが出来るようになっており、非常に有用なサイト。グラフィカルなのでとっつきやすい点も魅力的。
インバウンド需要にも対応している。

観光予報プラットフォーム:JTBコーポレートセールス
https://kankouyohou.com/

https://kankouyohou.com/

過去の宿泊データ、観光資源データなどから未来の旅行者を予測するためのデータを提供している。インバウンドにも対応。

inbound insight:ナイトレイ
http://inbound.nightley.jp/

http://inbound.nightley.jp/

訪日外国人の位置・移動情報に特化したSNS解析サービス。SNSでの投稿から位置情報を割り出しているので、全体数を理解するのは難しいが、何を買ったなどのクチコミから具体的な行動を調べることが出来る。

これらのツールは無料または一部無料のものなのでここから先をもっと知りたいとなった時は、高額な有料調査を依頼することになると思いますが、まずは簡単に自分で調べてからの方が足元を見られずに済むでしょう。

他にもあると思うのでこれから、補充していきます。

変なホテルの予約

7月17日開業予定のハウステンボス隣接のホテル「変なホテル」
ロボットが接客するコンセプトで期待の高いホテルです。
まだ参考となる写真点数が少なく、どんな感じになるかは未知数ですね。

サイトを見ると、即決で予約すると、入札で予約するという2つのオンライン予約方法があります。
ただ、この予約システムが使いにくいと感じました。
せっかくすっきりしたサイトなのに予約以降のページが古臭い感じになっているので改善されることを期待します。

http://www.h-n-h.jp/

貸切トワイライトエクスプレスを使った各社のツアー情報

貸切トワイライトエクスプレスを使った旅行会社各社のツアーの紹介がJRおでかけネットに公開されました。
JTB、日本旅行、阪急交通社、クラブツーリズムのツアーを紹介しています。

日にち限定で、往路にトワイライトを使うツアー、復路にトワイライトを使うツアーがあり、利用者のスケジュールで選択するようになっています。

JRおでかけネット:http://www.jr-odekake.net/navi/kankou/twilight_plan/

http://www.jr-odekake.net/navi/kankou/twilight_plan/

トワイライトエクスプレス 2015年のツアー

5月から旅行会社より特別なトワイライトエクスプレスの走行が決定している。
大阪から札幌に向かうのではなく、大阪から琵琶湖を一周し、その後、下関まで走るというJR西日本エリアをぐるっと回るコースになる予定とのこと。

また、寝台車をなくして個室のみで走行するとの事です。

特別な「トワイライトエクスプレス」の運転について

詳しいツアー発売時期は明示されていないですが、最初が5/16出発とありますので、近々発表になると思われます。

4/26追記
日本旅行から5/16と5/17利用のツアーが発売になりました。
貸切トワイライトエクスプレス下関の旅

トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)の販売開始まで、豪華仕様に変更して準備するという形でしょうか。

まいなび:トワイライトエクスプレス復活! JR西日本、団体臨時列車で5/16から運転開始

E655系なごみ型車両で行く福島ツアー

日本旅行が110周年記念の商品としてE655系なごみ車両で福島へ行くツアーを発売中

http://www.nta.co.jp/kokunai/tohoku/fukushima/2015dc/

今回、団体列車として走る内容の解説によると、

豪華ハイグレード列車”和-なごみ-”
これまでにない”高級感”と”上質の乗り心地”を追求して開発されたハイグレード列車に乗り、
優雅な気分で桜の開花と共に春の訪れを感じる”ふくしま”へ。

貸切列車車内(往路)イベント・おもてなしのご案内
★福島産ちょっぴりスウィーツ&末廣セット(吟醸酒(1合瓶180ml)・酒ゼリー)付(おとなのみ)
★昼食には「お弁当・お総菜大賞2015」なだ万”匠の膳”(弁当+お茶パック)をご用意
★福島県内旅館の若旦那が、ご乗車のお客様全員に”おもてなしスウィーツ”を振る舞います。

と、車内でイベントを実施する模様です。

2015年4月18日(土)の運行で、上野駅発郡山着の片道、1泊したのち、帰りは新幹線になります。
上野駅(9:03発)大宮駅(9:29発)宇都宮駅(10:50発)郡山駅(13:00着)

あまり一般発売されない列車でのツアーなので、人気が出そうなツアーです。